2021年度 京楽産業.株式会社 新卒採用サイト

ENTRY
すべては考え方ひとつ!
開発本部 プロデューサー
2005年入社 明治大学 理工学部卒
T.Nさん
あなたが過去携わった機種は?
ぱちんこ GANTZ
ぱちんこ 魔法少女まどか☆マギカ
Interview
勉強に、バイトに、パチンコ・パチスロに一生懸命!
勉強に、バイトに、パチンコ・パチスロに一生懸命!
ー どんな学生時代でしたか
もともと地元が岐阜で、そこから東京に出て来たんですが……。
僕、苦学生だったんです。
日々バイトに明け暮れ、4畳半アパートで家賃は1万6千円。友達はネズミでした(笑)。
そんななかでもパチンコに明け暮れてましたね。当時はパチンコ3割、スロット7割くらいで、スロットメインで打ってましたね。
でも当時、目押しが全然できなくて……。初めてスロット打ったときなんて、隣のお兄さんに「揃えてやるから」とか言われるくらいで(笑)。今は代わりに揃えてあげられるくらいまで上達しました(笑)。
「みんなのおかげで仕事ができている」という気持ちは忘れない。
「みんなのおかげで仕事ができている」という気持ちは忘れない。
ー 今やっている仕事内容は
機種毎に特徴となる開発コンセプトを決め、企画をスタートさせます。まずはキモになる部分を決めて、「どういう予告にしていくか」「どういうリーチにしていくか」の細かい部分を一つずつ考えていき、形にしていきます。
一言でいうと、機種全体の「最初から最後まで」を統括するプロデュース業務ですね。常に心掛けていることは、客観的な目線で「本当に面白いか?」「どうしたら打ってもらえるか?」を考えながら仕事をしています。あと何よりも、メンバーを大事にしています。担当機種がたくさんあるなか、誰かに任せる場面がどうしても出てきますからね。「みんなのおかげで仕事ができている」という気持ちは忘れないように心がけています。
結果が伴わなかった時が一番辛い。
結果が伴わなかった時が一番辛い。
ー 仕事をしていて辛かったエピソード
自分が開発した機種が市場導入された時は、どのような結果になるのか毎回ものすごく緊張します。結果が出たときの達成感は計り知れません。本当に体験してほしいです。逆に、思ったような結果が伴わなかった時が、仕事をしていて一番辛い時です。ただ、そんな時こそ「何が良くなかったか? 次の機械にどう生かしていくか? を考えるチャンスをもらった」と、ポジティブに考えるコトが大事だと思っています。
徹底して最後まで妥協せずに造り込む。
徹底して最後まで妥協せずに造り込む。
ー 京楽産業.ってどんな会社ですか
最後の最後まで、少しでも面白い台にするためにどうするか?を妥協せずに作り込める会社です。ここは徹底しています。開発社員全員が、少しでも良いモノを創る、という気持ちを持って開発しています。
「好きなパチンコを仕事にできる」って、めちゃくちゃ幸せなこと。
「好きなパチンコを仕事にできる」って、めちゃくちゃ幸せなこと。
ー 学生へのメッセージ
自身が「好きなパチンコを仕事にできる」って、めちゃくちゃ幸せなことなんだろうな、といつまで経っても僕は思い続けています。ですので、「パチンコ・スロット大好きです!」という思いがある人はぜひ一緒に働きたいなと思います。熱意をヒシヒシと感じられると、僕も嬉しいです。ぜひ一緒にヒット機種を開発して、達成感を味わいましょう!
T.Nさんのある1日
09:00 出社携わってるプロジェクトに関連した映像や作品を見たりしながら出勤。
9:00
~10:00
他社新規機種研究他社機種のスペック・カタログ・試打動画を見て研究します。
10:00
~12:00
各種会議コスト検討会議・版権会議・プロデューサー会議・チーム定例会議etc
12:30
~13:30
昼食
13:30
~15:00
機種A_進捗確認(社内)プロジェクトの企画打ち合わせを行います。スペック・ゲームフローから予告の見せ方遊ばせ方含めて企画概要を決定します。
15:00
~17:00
機種B_進捗確認(社外)協力会社さんと企画・サンプル確認を行います。
17:00
~19:00
機種C_試打確認&ミーティング(社内)試打を行います。演出バランス・サウンドの調整を行います。その後、修正する箇所を担当者に報告。いつまでにどのように修正するかの打ち合わせを行います。
19:00 退社